扇子の妖艶な動きを「SAYURI」に学ぶ


映画「SAYURI」

普段の生活で「妖艶」と印象を持つ女性に出会うことがなかったので、私も初めて浮かんだ感情でした。

また、映像で観て勝手にイメージを持つ‘濃いメイクにはだけた服’というような作ったものではないことも驚きであり、きっと姿勢や歩幅、指先や表情など全部の要素が一つになって「妖艶」になるのだと感じました。

►扇子のレッスンを受講された佐藤さま(30代・主婦)より

「妖艶」って確かに、
「濃いメイクにはだけた服」で
男性に媚びるような
乱れたイメージをお持ちの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

私が、「妖艶」と聞いて一番に私が思い出すのが、
チャン・ツィイーが出ていた映画
「SAYURI」(2005年)

不遇な幼少期を送りながら、
芸者として学ぶ中で才覚を表すSAYURI。

そのSAYURIが、
芸者としてデビューして
最初に延(役所広司)へお酌をする姿が、

手の出し方、
添え方、
目線の送り方・・・

まさに「妖艶」で、
息を呑んだのを覚えています。

10年前に観たにもかかわらず、
私の脳裏に焼きついています。

SAYURIの服装は、
首元はキュッと上まで締まり、
立っている姿は「かわいい」という雰囲気。

ところが、ひとたび動き始めると、
そのかわいらしさ一気に影をひそめ、
「妖艶」な大人の女性に変わるのです。

しぐさ一つで、
こんなにも艶っぽさが加わり、
なまめいて
美しく変われるものなのかと
感じた瞬間でした。

「妖艶」というのは、
静止している状態ではなくて
「動いているとき」に
そう感じさせるのではないでしょうか。

扇子を動かすとき、
要を指先で操ると、
女性らしく見せることができます。

さらに、
どんな扇子でもこの動かし方一つで、
花に止まっている優美な蝶のように
しなやかに見せられるのです。

レッスンでも小物使いで
「SAYURI」的「妖艶な動き」
を練習してみましょう。








コメントを残す