美しいドアの開け方(接客マナー)

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー



「美しい所作を身に付けたくてレッスンを受講しました!」というSさま。Sさまのお仕事は、役員秘書です。「お客さまをご案内するときのドアの開け方を教えてください!」というので、日本サービスマナー協会さまが掲載している動画をご案内します。

外開きのドアの場合、内開きのドアの場合の大きく2パターンについて紹介されています。1つ1つの動きを詳しくみていきましょう!



ドアを開ける前に「ノックを3回」、ドアノブは両手で扱うと好印象

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー

応接室についたら、中に誰もいないとわかっている場合でも、必ずノックをします。
ノックの回数は「3回」です。
※「2回」はトイレのノックを意味しますので回数に注意しましょう。

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー

ドアノブを両手で開ける。
この先生のように、まず右手でドアノブを回し、左手は指を揃えてドアノブの上に添えるようにすると、たいへん品がよくてお客さまに好印象を与えられそうですね!
手の触れ方は他にもあると思いますが、両手でドアノブを引く・押すようにすると美しいですね。



外開きのドアの場合

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー

ドアを両手で自分の方に開いたら、ドアノブを持っていない方の手で、部屋の中を指し示して「どうぞお入りください」とご案内します。
このときも指し示す手は指先を揃えるとエレガント!
ご案内したあとは、その手は再度ドアの上にそっと置きます。



内開きのドアの場合

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー

内開きのドアは、ドアを両手で開いたら、先に自分が部屋の中に入ります。

  1. ドアを背にするパターン
    ドアを背にしてドアに体を沿わせたら、片手でドアを押さえて、部屋の内側の方の手で「どうぞお入りください」と指し示してご案内します。
  2. ドアの後ろに回り込むパターン
    ドアの奥に回り込んで、片手でドアノブを持ち、部屋の内側の方の手で「どうぞお入りください」と指し示してご案内します。

1.ドアノブもしくはドアに両手で触れる
2.ドアから体を離さない
などがポイントですね。いつも後ろに回り込んでいましたがドアを背にするパターンもあるのですね。(Sさま)

ドアの開閉には3パターンあることがわかって、勉強になりましたね。



ルール通りにやったのに、動画の先生と生徒さんのエレガントさが違う?

「ドアを開けてご案内する」ルールはわかったけれど、何かモヤモヤ?

みなさんも動画をみてお気づきかと思いますが、動画の先生と生徒さん(?)は、同じ動作をしているのに与える印象が大きく違いませんか?それはいったい何でしょうか?よ~く動画を見比べてみてください。

先生の動きのポイントは「別々・ゆっくり・止める」

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー
  1. ドアノブを開ける前に、「いったん止まる」。止まってからドアノブに手をかけて、ゆっくりとドアを開ける。
  2. 手で部屋の中を指し示したあとに、笑顔でアイコンタクトをとる。そのあとに「どうぞお入りください」と発する。
  3. 〔外開きの場合〕指し示した手は、ゆっくりと動かし、ドアに添えたままにする。
    〔内開きの場合〕指し示した手を、その位置にキープする。

対して、生徒さんの動きは「同時・スピーディ・止めない」

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー
  1. 歩きながらその勢いのままドアを勢いよく開ける。
  2. アイコンタクトをあまりとらずに、言葉と、指し示す手の動きがすべて同時。
  3. 指し示した手は、一瞬指し示すだけで、すぐにだらんと下ろす。

 

いかがですか?この観点でもう一度、先生と生徒さんの動きを見比べてみてください。

エレガントの差は「分離動作・スロー・ストップ」から生まれる

ウォーキングビューティスクール ウォーキング レッスン 東京 ハイヒール 歩き方教室  姿勢改善 猫背改善 正しい歩き方 ドアの開け方 ご案内の仕方 外開きのドア 内開きのドア ドアのマナー

先生がされていたように、「言葉」と「指し示す」など1つ1つの所作を別々にすることを「分離動作」といいます。分離動作をすると、相手に伝わる印象がとても丁寧に見えます。

その他、生徒さんのように、歩く勢いのままドアノブを開けにいくと、ちょっぴり雑な印象になってしまいまいますね。また、指し示した手を、すぐにだら~んと体の脇に落としてしまうと、これもまたなんとなく丁寧さがないような印象ですね。

このような観点で、「エレガントなドアの開け方・ご案内の仕方」をルール以外の点で細かく棚卸しすると・・・

  1. ドアの前に歩み寄る
  2. いったん止まる
  3. ドアノブを両手でゆっくりと開ける
  4. 手で指し示す
  5. 声でご案内する・アイコンタクトをとる
  6. 指し示した手は、その場でキープ。戻すときはゆっくりと

ドアを開けてご案内するという、いたってシンプルな所作ですが、こんな風に「分離動作・スロー・ストップ」を心がけると、この動画の先生のように、美しさや丁寧さの差が際立ちます。とても面白いですね。ついつい焦ってお客さまをご案内してしまいがちですが、ご案内の言葉やアイコンタクトもしっかりと分離して、「おもてなしの心」を伝えいきましょう♪

 


レッスンの申込み 東京都内のウォーキングスクール。正しい姿勢・綺麗な歩き方・立ち居振る舞いで女性の本来の美しさを引き出すレッスン。フラットシューズもハイヒールも丁寧な指導で学べる教室です。