「歳のせいにしない」82歳のiPhoneアプリ開発者 若宮正子さん(歩き方教室東京)



先日テレビで放映された、82歳の若宮正子さん。
彼女は今、世界中の注目を集めています。

若宮さんは、銀行員を退職したあと、60歳でパソコンをスタート。
81歳でゲームアプリ「hinadan」を開発し、
Apple社のティム・クックCEOから賞賛され
一緒に映った写真を玄関に誇らしげに飾っています。

エクセルで作るグラフィックを出力して包み紙やアクセサリーを作ったり、
ipadで音楽を奏で、アプリの開発をし、
「人生100年時代構想会議」への選出と話題を呼んだ“ITおばあちゃん”なのです。


若宮さんの言葉が一番印象に残りました。
それは、
「歳のせいにしない」

若宮さんから言わせると
60歳からスタートしたのだから、
わからないことだらけなのは当たり前、
できないことも当たり前、
できないことを歳のせいにしない。のだそう。

あなたは、
「歳だからできないよ」
とスマホでさえも敬遠していないでしょうか?

わからないことだらけで
「い~っ!!」って
思ってしまう気持ちもわかります。
「ポイ」って投げてしまう気持ちもわかります。



美やボディに関しても同様で、
「もう歳だから~」というのが
口癖になっていないですか?

「歳だから~」と枕詞を置くことで
言い逃れをしてみたり、
新しいことへの挑戦を避けたり
なんとなく安心感を得ていないでしょうか?

40歳、50歳、60歳と
年齢を重ねるにつれて感じるからだの衰え・・・
いつかの肌のハリはなくなり、
お腹が出てきたり、
シミやシワができたり、
回復しずらくなったり。
物忘れが多くなったり(笑)

すごくよくわかります。
でも「もう歳だから」という言葉を使わない大人って
若い人から見てもすごく素敵だと思うんですね。

「もう歳だから」という言葉は
置き換えてみれば
「でも・・・」
「だって・・・」
と同義語ですから!
そんな言葉を連発する大人って魅力軽減ですよね。

老けるのは人間ですから仕方ないことです。

でもそれとひきかえに、
知識を重ねたり、
振る舞いに余裕が持てたり
経済力が上がったりするのが
歳をとるということ。
若さでは到底カバーできない魅力です。

若宮さんはプログラミングに関して、
「もし失敗したとしても、時間やお金をちょっと失うだけ。
誰も死んだりはしないので、
どんどん失敗を繰り返して成長すればよい」
といっています。

美やボディに関しても同様に
「もう歳だから」と簡単に片づけずに
現状を維持する努力を怠らず、
興味のあることにチャレンジしてみてくださいね!

レッスンの申込み 東京都内のウォーキングスクール。正しい姿勢・綺麗な歩き方・立ち居振る舞いで女性の本来の美しさを引き出すレッスン。フラットシューズもハイヒールも丁寧な指導で学べる教室です。



コメントを残す