足音がうるさい理由と足音のしない歩き方



どうして足音がうるさくなるの?

受講生から、
「自宅で歩くとき足音がうるさいってパートナーに指摘されるんですよ、
どうすれば足音がしない歩き方ってどうすればいいんですか?」
という質問を受けました。

あなたは、フローリングの床を裸足で歩くとき、どう歩いていますか?
ドシドシ音を立てて歩くと思ったより階下の人に響いてしまったりしますよね。
「音」って階下の人だけじゃなくって、一緒に暮らしている人にも結構嫌がれますよね~。

受講生に聞くと、
「カカトから着地して歩いています」とのこと。
なるほど~!納得。

カカトから歩くと体重がカカトだけにかかるので
音が大きくなってしまうんです。



「カカトから着地する」はNGなのです

「カカトから着地する」という認識は10数年前ウォーキングが流行って素人が本を書いたことによって広まってしまいました。
ハイヒールでは、カカトから着地すると、面積の小さいカカトがすぐに傷んでしまいますね。

だから、
「ハイヒールのときだけ、歩き方が違うのかと思ってました」
と受講生。

実は、ハイヒールにかかわらず、スニーカー・運動靴・フラットシューズのときも基本的な歩き方はハイヒールと同じで、「カカトから着地する」のはNGなのです。

受講生:「かかとからどすんと歩かない、は衝撃でした!@@」



カカトから着地するのは体にも美脚にもよくない!

カカトから着地するのは実は体にも悪いんですよ!!
人間の体は構造上、まったく力を入れなくてもカカトからふんわり着地してしまうのです。
大きく足を踏み出したときに「カカトから!」と思って強調するとその瞬間に、カカトに大きな体重がかかり、膝、骨盤の関節、腰、後頭部まで衝撃が走ってしまうのですね。

ウォーキングダイエット!
といって何度も何度もこういった衝撃を骨・関節に加えることによってかえって体を壊してしまうことになりかねません。

また、カカトを上げるためには、「つま先を上げる」という動作が出てきます。
すると、膝下の外側の筋肉(前脛骨筋肉:ぜいけいこつきん)がピキッと張ります。
外側の筋肉をいつも使うので、脚の外側がモリっと太くなってしまうのですね。
そうすると、美脚とは遠いことに・・・

体と美脚のために、「カカトから着地」を意識しすぎず、前脚の力を抜いて、「足の裏全体を同じタイミングで着地」して歩きましょう。

今日から、カカトからの着地を強調しすぎないで「足の裏、なんとなく全体で」歩いてみましょう。

人間が人生で一番多く行う運動が「歩く」ことですから、できるだけ早く正しい歩き方を身につけたいですね。

レッスンの申込み 東京都内のウォーキングスクール。正しい姿勢・綺麗な歩き方・立ち居振る舞いで女性の本来の美しさを引き出すレッスン。フラットシューズもハイヒールも丁寧な指導で学べる教室です。



コメントを残す