もう悩まない!ぴったりなハイヒールの選び方と調整方法vol.1



ハイヒールを選ぶとき、「足の長さ」だけで選んでいませんか?
デパートの靴売り場で「デザイン」だけで選んでいませんか?
たとえば、車で高級レストランに
エスコートしてもらうときに履く
「魅せるだけのハイヒール」ならそれでもOKです。

でも、外歩き、仕事、ウォーキングレッスンで履く
「長時間歩くハイヒール」選びは
足のトラブルを防ぐためにこんなことを知っているでしょうか?

今回は、3回に分けて、
「もう悩まない!
ぴったりなハイヒールの選び方と調整方法」をお送りします。

お伝えする内容は、
一般的なヒール靴や、フラットシューズを
お選びいただく際にも応用できますよ!

ハイヒールは魅力的だけれど履くと痛い

ハイヒールは、女性らしく見え、
すらっと脚長効果を得られます。
女性にとって一番身近で
魅力的な靴ですよね。

でも、
履きこなすには
一番難しい靴でもあります。

足が痛くならなければいいのに…
という思いを抱いている方が
多いのではないでしょうか。

ハイヒールは、

1.靴選びのポイント
2.普段の姿勢
3.歩き方

によって、以前よりも
快適に履けるようになります。

※レッスン用の靴については
ご購入は必須ではありません。
お手持ちのヒール靴や、
ご自身のレベルに合わせた
ヒール高の靴を
お使いいただいても結構ですよ。

靴の形状

ウォーキングレッスン用には、
「プレーンな全体が覆われている
タイプのパンプス」
をお勧めしています。

踵を覆っていないミュール、
バックストラップ靴などより、
安定感があり、歩きやすくなります。

NGの靴

× サンダル:

足首にストラップがあるものは、
ストラップがないものよりも
安定感はありますが、
全体的に足を覆う面積が少ないため、
歩きにくくなります。
レッスンには若干不向きです。

× ミュール:

支えが甲の部分しかないため
難易度が非常に高い靴です。
ミュールのソールが浮かないように
上手に足裏にくっつけて歩くには、
足裏の筋肉が必要です。

ちなみに、足裏にも筋肉はあります。
足裏の細かい筋肉を鍛えることで、
履きこなすことができなくはありません。
現状では、ウォーキングを教えている
先生方はミュールはほとんど履くことはなく、
プレーンなタイプのパンプスを
履くことが多いようです。

× バックストラップ靴:

歩行中に踵からストラップが
ずり落ちることが多いため、
ミュールに近い感覚で、
難易度が少し高い靴です。
踵が小さい方・絶壁タイプの方
などには特に不向きです。

× ブーツ:

ブーツは足首が固定されて、
可動域が狭くなりますので
レッスン用としては不向きです。

とても柔らかい素材
(スェード素材など)で
足首が自由に動くものや、
くるぶしを覆わないブーティ
などでしたらレッスンにも
お使いできるでしょう。

ブーツは基本的に甲が伸びないので
足裏を地面と平行に保ったまま
脚を引き寄せます。
靴底を後ろに見せることはありません。
これ以外は基本的に
パンプスの歩き方と同じです。



素材

★素材は特に問いません。

天然皮・合成皮・スエードなど
何でも構いませんが、
エナメルのみ以下の点をご考慮ください。

★エナメル素材(パテントレザー)の靴:

左右の靴同士がぶつかると
素材の特性上、「きゅっ」と
止まりやすく
皮素材よりも
つまずきやすい素材です。

靴同士をひっかけて
つまずきやすい方は
できれば避けていただいた方が
無難でしょう。



4つのサイズ

★「サイズ」
=「長さ・足幅・かかとサイズ・土踏まずのカーブ」

靴の「サイズ」とは
何を指すのでしょうか?

「サイズ」というとついつい、
「長さ」だけを
気にしてしまいそうですが、

「サイズ」
=「長さ・足幅・かかとサイズ・土踏まずのカーブ」
この4つを指します。

足幅(足囲)

足の親指の出っ張りと
小指の出っ張りを
ぐるりと囲った
サイズのことです。

成人女性は
A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEE・F
の9段階に分けられます。
Aに行くほど足幅が狭くなります。

足幅が広すぎる靴を履くと、
足が前に滑って
指が圧迫される原因になります。
また甲の厚みがないために、
前に滑って指が痛い場合もあります。

指が当たると、
「足幅が広いから指が当って
痛いんだ(ばんびろ甲高だから)」
と誤った判断をして
しまう場合があります。

本来は足幅がぴったりと合っていて、
ハイヒールの前滑りを
防いでくれる状態が正しいサイズです。

土踏まずのカーブ

土踏まずから
踵にいたるアーチは
本来靴にぴったりとフィット
しているべきなのですが、
このアーチは人の顔と
同じように十人十色。

ブラジャーならば
パットを入れる必要があるように、
隙間がある場合は
靴もインソールを
入れる必要があります。

このカーブが靴から
浮いていると足が前に滑り、
踵に隙間が生じて
靴が脱げやすい状態になります。

また、足が疲れやすくなったり、
接地している部分に
痛みが発生したりします。

市販されている
既成靴の中底のカーブは
あなたの足型にあわせたものでは
ないので隙間がある場合は調整すると
トラブルが少なく、
快適に歩けるようになりますよ。

かかとのサイズ

踵部分の皮が内側に入っている
ものをお選びください。
踵をしっかりと噛んで
ホールドしてくれます。

踵がゆるい靴は
ホールド力が低く前滑りするので、
つま先が圧迫され、
外反母趾の原因にもなります。

また、
踵がメッシュのデザインなど、
柔らかい素材は不向きです。

目安は、つま先立ちになったときに、
靴がパカっと脱げないものです。

ただし、踵が小さい人は、
慎重に選んでも
踵が脱げる場合があります。

市販の既製靴は足長に準じて
踵が大きくなります。
足の大きさと
踵の大きさは比例していません。

この場合は足首のストラップや
甲にストラップがある
デザインの靴を
お選びいただいた方がよいでしょう。

現代日本人は以前より
踵の小さい人が増えているそうです。

他人と比べる機会はあまりないので
客観的に自分のサイズが
小さいのか大きいのか
知る機会が少ないと思います。

一度、踵のサイズを
フィッティングの際などに
プロに確認してもらうとよいでしょう。

また、ご自身の踵の形が
ヒールカーブに合っていないと
靴擦れを起こす可能性があります。
特に、カーブが少ない
絶壁型の踵の方は
カーブが深い靴の場合、
靴擦れを起こしやすくなります。

長さ(足長)

一番長い踵からつま先までの
長さのことをいいます。

上記の「足幅・かかとサイズ・
土踏まずのカーブ」が
合っていない場合、
前に滑って踵に余りができるので
「大きすぎるかも」と思って
小さいサイズの靴を選びがちです。

特にハイヒールは
傾斜のせいで前に滑りますので、
「足幅・かかとサイズ・土踏まずのカーブ」を
しっかりと調整して
自分に合った正しいサイズに
してください。

体には必ず左右差があります。
足にももちろん左右差がありますので、
大きい足に合わせて購入し、
小さい足にインソールを
入れるなどして調整しましょう。

靴もブラジャーと同じように、
半年に1回くらい細かく計測して
購入するのが理想的です。
足のサイズも少しずつ変化します。



靴選びの時間帯

★午前中、ぴったりの靴を選ぶ:
「夕方に選ぶ」はNG。

日本では、夕方、パンパンに
むくんだとき足が痛くならないよう、
「靴は夕方に選びなさい」
といわれています。

逆の見方をすれば、
日中は靴が大きすぎる、
ということになります。

靴文化が長い西洋などでは
靴を夕方に購入する習慣はありません。
できれば午前中、
その日の体調やむくみで
足の大きさにブレが
出ていない状態で、
ぴったりする靴を
選んでください。

ただし、
夕方の足のむくみが強い人は、
午後に靴を購入し、
午前中のむくんでいない時間帯は
取り外し可能な
インソールを入れて調整する、
という逆の方法もあります。

大きすぎる靴
(靴の4サイズが合っていない靴)は、
靴が脱げないように
「靴に合わせて」歩くので
正しいフォームができず、
・足をひきずって歩く、
・だらだら歩きに見えるなど、
見栄えの悪い歩き方になってしまいます。

体の歪みも起きかねません。

このように靴に合わせて歩くと、
歩くときにうまく体の筋肉を使えず、
ウォーキングの効果が
出にくくなります。

ストラップなどの支えのない
プレーンなパンプスの場合、
大きめの靴を選ぶと、
足が前に滑って
つま先が痛くなる原因にもなります。

靴が脱げないように
無意識のうちに
指で靴を掴もうとするので
ハンマートゥ
(足の指が曲がる病気)の
原因にもなります。

ハンマートゥは小さすぎる靴でも
起きますので
指が曲がりすぎるほど小さい靴も
避けてください(難しいですね…)。

どうしても指にタコができてしまう!
という方はオーダー靴専門店で
しっかりと計測して
対処法を知るとよいでしょう。

▶次は、もう悩まない!ぴったりなハイヒールの選び方と調整方法vol.2
を読んでみてくださいね!

レッスンの申込み 東京都内のウォーキングスクール。正しい姿勢・綺麗な歩き方・立ち居振る舞いで女性の本来の美しさを引き出すレッスン。フラットシューズもハイヒールも丁寧な指導で学べる教室です。



コメントを残す