去り際のお辞儀の仕方がとても苦手なんです!グラグラしないようにするには?

お客様:S様(50歳) /私は「おじぎが下手」なんです。お店とか、美容院とか、歯医者さんとか日常シーンでのお辞儀が下手なんです。面と向かっての丁寧なお辞儀ではなく、「去り際のおじぎ」(歩きながらのお辞儀)の姿勢が不自然で、バランス悪くて、腰がグラグラして、足元もおぼつきません。自分できれいにできてないなぁといつも感じてます。例えば、歯医者さんで治療後、椅子から降り、お礼を言いながらサラッと会釈して去りますよね?またはばったり道で会った人とか、知り合いに偶然あって「こんにちは」と会釈するじゃないですか?(道の反対側など少し距離があるときなど、会釈してるってわかるようにするのが難しいです)わりと近距離でのあいさつのとき、(丁寧なお辞儀ではない会釈程度の)体のひねり具合とか難しくありませんか?

★質問をひとことで言うと!「どうやったら美しく歩きながら会釈できますでしょうか?」一度立ち止まるというのもあると思いますが、歩きながらのお辞儀もありますよね?笑顔保ちつつ、歩きながら(←ここポイント)頭を軽く下げたとき、足はどうするとよいのでしょうか?ウォーキングしながら、会釈って自然にできませんか?どのくらいの角度で体全体(腰、膝など)を曲げると美しいのでしょうか?なんだか、複雑な表現になってしまいましたでしょうか?(この質問の意味がわかっていただけるとよいのですが。。。)こんなレッスンもぜひお願いしたいです!もっともっと練習したいです!

講師:仲村涼 / 
去り際のお辞儀、日常シーンではよくありますよね。お辞儀を調べると、「一度は立ち止まる」というのがベスト・・・という答えが多いようですが、ビジネスシーンではありませんし、常に常にそうかしこまってはいられませんね(笑)詳しいお辞儀のレッスンは、3月のAdvanceクラスの回でご紹介しますが、お辞儀には「3つの角度」があります。通りすがりのお辞儀は「会釈」といって、15度程度軽く頭をスライドする程度のお辞儀です。
S様は特に「去り際のお辞儀」が苦手とのことですが、この場合のお辞儀には次の3つの要素が加わっています。

– 去り際のお辞儀・3つのファクター -

①基本の美姿勢がまだマスターできていない→特に、頭の位置がポイント
 →Basicクラスで学んだ美姿勢(特にUpperBody編)を常に意識しましょう。

②お辞儀の角度が深すぎる、ペコンと頭だけ下げている可能性大

③「去る」動作は、すなわち「ターン」の一種です。
 →Intermediateクラス(ARM編)で学んだ「ハーフターン」の基礎を思い出しましょう。

特に・・・!

※グラグラする方に多いのが②と③を同時に行うパターンです。
 →ターンの際の目線の送り方、もう一度練習してみましょう!




コメントを残す